本文へジャンプ

技術教育支援センター

内灘町鶴ヶ丘北公民館で出前授業「身近な色のふ・し・ぎ」を実施

2015-08-19

8月19日(水)に技術教育支援センターの職員4名が、内灘町鶴ヶ丘北公民館において「身近な色のふ・し・ぎ」というテーマで出前授業を実施しました。
出前授業では、ペーパークロマトグラフの原理を利用した水性ペンのインクの色分けを行う実験と加賀野菜の一つである金時草の煮汁を指示薬として用い、未知の溶液の簡易pH測定を行いました。また、色分けを行ったろ紙を様々な模様に見立て、切り貼りしてオリジナルのうちわを作成しました。何枚もろ紙に色分けを行ったり、指示薬の色の変化にとても驚くなど、実験・工作に楽しそうに取り組んでいました。

20150819-turu1.jpg20150819-turu2.jpg20150819-turu3.jpg

カテゴリ [出前講座]

« 前の記事次の記事 »

ページの先頭へ戻る