本文へジャンプ

技術教育支援センター

技術教育支援センター

技術教育支援センターは,「教育支援」,「研究のサポート」,「地域貢献」の3つを柱にした活動を行っています。このホームページでは支援センターの活動報告やお知らせを掲載しています。

実験教室の様子

« 前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

田中技術職員が高専機構職員表彰で「理事長賞」を受賞しました

2015-10-29

田中技術職員が、独立行政法人国立高等専門学校機構職員表彰「理事長賞」を受賞しました。
田中技術職員は、多くの出前授業に取り組むとともに、少年少女発明クラブの運営委員を務めるほか、WRO Japan石川地区大会の運営委員として、大会の運営に関わるなど、地域の理科教育の大きく貢献しました。また、多数の外部資金の採択実績などが認められ、この度の受賞となりました。
おめでとうございます。

20151029-1.jpg 20151029-2.jpg

カテゴリ [お知らせ]

第43回石川の技能まつり モノづくりトライアルに出展に

2015-10-05

10月4日(日)石川の技能まつり モノづくりトライアルに出展し、目の錯覚を利用した不思議コマのモノづくり体験を実施しました。この不思議コマは、白と黒でできた模様ですが、コマを回すといろいろな色が見えたりする不思議なこまです。他にも、自分でデザインしたオリジナル模様のコマも作成しました。子どもたちは、オリジナルの絵を描いたりマスキングテープでデザインした自分だけのコマを楽しんで作り、みんなとても満足そうにしていました。

20151004-3.jpg 20151004-4.jpg

カテゴリ [工作]

かほく市立中央図書館で出前授業を実施

2015-09-19

9月19日() 技術教育支援センターの職員3名が、かほく市立中央図書館でかほく市内小学生10名を対象に「こどもサイエンス博士に挑戦」というテーマで出前授業を実施しました。参加者に理科に関するさまざまなクイズを出題し、それに答えてもらったあと実験により結果を確かめるというものです。実験では、「ロートにピンポン球を置き、息を吹き付けるとピンポン球はどうなるか」や「2つの滑走路でどちらが早く鉄球が到着するか」、「空気を急激に圧縮するとどうなるか」など理科に関する実験を行いました。

20150919-kahoku1.jpg20150919-kahoku2.jpg20150919-kahoku3.jpg20150919-kahoku4.jpg

カテゴリ [出前講座]

羽咋市少年少女発明クラブで出前授業を実施

2015-09-19

9月19日(土)に羽咋市少年少女発明クラブにおいて、技術教育支援センター職員3名と羽咋市少年少女発明クラブボランティア3名が小学3~5年生19名を対象に出前授業を実施しました。出前授業では、「手作り電池」と「ストロー笛」工作に挑戦しました。
手作り電池は3種類(くだもの電池、炭電地、人間電池)を実施し、いろいろなもので電池ができる不思議を体験しました。また、ストロー笛では、簡単な工作ながら大きな音をブーブー出して楽しんでいました。

20150919-hakui1.jpg20150919-hakui2.jpg

カテゴリ [出前講座]

津幡町中条公民館で出前授業「不思議な空気の力」を実施

2015-08-21

 8月21日()に技術教育支援センターの職員4名が、津幡町中条公民館において小学1~6年生の18名と父兄2名の20名を対象に「不思議な空気の力」というテーマで出前授業を実施しました。工作は各自が段ボールを使って空気砲や紙ヒコーキを製作しました。空気砲の威力を体感したり、紙ヒコーキの主翼や尾翼を調整して遠くまで飛ばしていました。実験では真空状態にして物体が落下する様子やお菓子の袋が破裂する様子、お湯が沸騰する様子などを観察。また、ペットボトルを使って雲を製作して楽しみました。


20150821-cyujyou1.jpg20150821-cyujyou2.jpg20150821-cyujyou3.jpg20150821-cyujyou4.jpg

カテゴリ [出前講座]

« 前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ページの先頭へ戻る