本文へジャンプ

技術教育支援センター

オープンカレッジで「音が鳴るばけつ」を実施

2017-11-06

113日(金)・4日(土)石川高専において、オープンカレッジが開催されました。今年はスピーカの原理を使った工作「音が鳴るばけつ」を実施しました。3Dプリンタで作ったレンチでボビンを作り、そのボビンを使ってコイルを作成します。バケツはデザインや大きさが違うものを準備し、コイルも好きな色で作成できるように7色準備しました。参加者は自分だけのオリジナルバケツを作ることができ、とても満足そうで、小さな子から大人まで、みんな楽しそうに工作に取組んでいました。完成しバケツから音が聞こえると、皆さんとても嬉しそうにしていました。

2017OC1.jpg 2017OC2.jpg 2017OC3.jpg 2017OC4.jpg

今回の工作では、ナット、レンチ、ボビン、線を固定する台など、3Dプリンタで作成したものがたくさん利用されています。参加者は3Dプリンタにも興味を持ち、作成者にいろいろ質問していました。

2017OC5.jpg

カテゴリ [工作]

« 前の記事次の記事 »

ページの先頭へ戻る