本文へジャンプ

「平成25年度北陸体育学会」で優秀研究奨励賞を受賞!

2月25日(火),一般教育科(保健体育)の岩竹 淳 准教授が,日本コーチング学会・日本体育学会体育方法専門領域の平成25年度研究助成に採択されました。この助成は,「体育・スポーツの指導実践に関する科学的研究とその発展に寄与し,体育・スポーツの指導実践に資すること」を目的とした研究事業に対して行われるものであり,岩竹准教授の「ばね能力を改善するための冬季屋内トレーニング指導方法〜中学生を対象として〜」が評価されました。
3月23日(日)には,平成25年度北陸体育学会(大学コンソーシアム石川)において,岩竹准教授を研究代表とする本校の保健体育教員グループが「疾走能力と立五段跳におけるプレス型及びスイング型ジャンプ力との関係」と題した発表で,優秀研究奨励賞を受賞しました。今回の受賞は,疾走能力が高い学生と低い学生ではジャンプ力にも特徴的な違いがあることを明らかにし,疾走能力を改善するためのジャンプトレーニング指導方法について提案した内容が評価されたものです。


0323_taiiku.jpg