本文へジャンプ

高専体育大会の報告会及び表彰式が行われました

9月8日(月),高専体育大会の報告会及び表彰式が行われました。

報告会では,まず各運動部の代表者13名が,北陸地区高専体育大会の結果と全国大会に出場した運動部はその成績を併せて報告し,応援のお礼と来年の大会へ向けた決意を表明しました。引き続き,選手を代表して陸上部の片岡君から村本校長に,総合優勝9連覇を達成した北陸地区高専体育大会の優勝旗の受け渡しが行われました。

全国高専体育大会では,本校から地区大会を勝ち抜いた選手(団体4競技:バレーボール,ソフトテニス,テニス,バドミントン,個人8競技:陸上,ソフトテニス,テニス,卓球,バドミントン,水泳,剣道,柔道)が参加しました。その結果,卓球・男子ダブルス,ソフトテニス・女子ダブルスで優勝を果たし,団体2競技と個人5競技が上位入賞(2位,3位)し,村本校長から選手に学校表彰の賞状が授与されました。続いて,選手を代表して卓球部主将の延命君から「本日はこのような報告会と表彰式を開いていただきありがとうございます。今後さらに精進し,来年はより上位の成績を残せるように努めます。」との感謝ならびに来年度への決意を表明しました。

140908_taiikutaikaihoukokukai(1).JPG   140908_taiikutaikaihoukokukai(2).JPG   140908_taiikutaikaihoukokukai(3).JPG

【村本校長の挨拶】
高専体育大会の報告会と表彰式,および授業再開にあたり,一言ご挨拶を致します。
まず,富山高専が主管して開催された第49回北陸地区高専体育大会では,出場した本校の全ての選手は日頃の練習の成果を十分に発揮し,溌剌としたプレーを見せてくれました。良い成績をあげたチーム,惜しくも敗れたチーム,いずれの選手諸君も,本校の総合9連覇に貢献し,優勝旗を持ち帰ることができました。これからまた1年間,校長室に飾っておきます。ありがとうございます。
次に,四国地区の高専が担当して開催された第49回全国高専体育大会では,本校から地区予選を勝ち抜いた46名の選手が参加しました。そして,全国の強豪校と対戦し,他高専の選手達との友情を深めると共に,それぞれに健闘したと聞いております。昨年は1競技が優勝できました。そして今年は2競技で優勝を果たすことができました。優勝および上位入賞を果たした選手の皆さん,おめでとう。日頃の練習から試合当日のコンディション調整に至るまでたゆまぬ努力があったものと敬意を表します。来年度の高専体育大会は,第50回大会となります。この記念すべき大会の北陸地区大会は本校が主管することになっております。地区大会では総合10連覇を達成し,さらに全国大会でも多くの競技で活躍を期待しております。
選手諸君は,北陸地区大会,全国大会を通じ多くのことを経験したことでしょう。昨今はインターネットが普及し,様々な情報が簡単に入手できるようになりましたが,ネット上の文字や映像ではなく,自分で実際に体験し実感することの大切さを知ったことと思います。
先月の8月26日から3日間,本校が主幹して「全国高専教育フォーラム」が金沢で開催されました。今年のテーマは「アクティブ・ラーニング -学生の主体性-」で,ここでも学生が能動的に学ぶことの大切さが話題になりました。今日から夏休み後の授業が再開されました。学生諸君はそれぞれの目標を定め,毎日の授業や部活に自ら積極的に参加するというアクティブな気持ちで「夢に向かって」チャレンジしていくことを期待します。
全国高専体育大会の表彰者
【優 勝】
個人
・卓球男子ダブルス(4E延命・4E三津)
・ソフトテニス女子ダブルス(3C北尾・2I山元)
【第2位】
団体
・バドミントン男子
・テニス男子
個人
・陸上男子やり投げ(5E片岡)
・テニス男子ダブルス(4E出口・2C中出)
【第3位】
個人
・バドミントン男子シングルス(2I荒井)
・バドミントン男子ダブルス(2I荒井・2C中村)
・テニス男子シングルス(2C中出)
※各競技スコアなど、詳細は下記大会HPにて