本文へジャンプ

学生玄関ホール完成

本校では、1号館管理棟の改修を進めていましたが、このほど竣工し、11月19日(水)、教職員、学生会役員が参列して完成式が行われました。

玄関戸には大きなガラスを採用し、日光を取り込んで明るい開放的な雰囲気になり、またホールは段差を取り除いて有効活用しやすくしなりました。

村本校長は「来年度の創立50周年に向けてキャンパス整備を進めてきた。1昨年の正門の整備に続き、中庭の整備、職員玄関・学生玄関及び同ホール等の改修、ロボット製作等に使用される創造工房の新設が完了した。正門からゆるやかな坂を登ると中庭が広がり、更に進むと学生玄関そして校舎へ繋がる。全体が調和のとれたキャンパスになるように設計されている。学生諸君はこの恵まれた環境で充実した日々を過ごしていただきたい。」と挨拶しました。

そのあと、村本校長、竹下教務主事、川原学生主事、小林学生会長がテープカットして、完成を祝いました。学生諸君は、学生玄関の通り初めにと、笑みを浮かべて新装成ったホールから玄関ドアをくぐっていました。

141119_gakuseigenkanshunkoushiki(1).JPG 141119_gakuseigenkanshunkoushiki(2).JPG

教職員・学生に向けて挨拶する村本校長            テープカットをする村本校長及び関係者