本文へジャンプ

第14回見学交流会開催

 3月10日(火)に本校の技術振興交流会会員企業の技術者等に対して,石川高専教員との交流により一層の産学連携を進めること目的として見学交流会を開催しました。見学交流会には産業界等から37名,本校教職員37名の計74名の参加がありました。
 本校村本校長の挨拶の後,高専機構本部の紀理事から「進化を目指すKOSENを地域発展の柱のひとつに」と題して,最近の高専の状況分析,産学連携への取組み,これからの高専のあり方について基調講演がありました。その後,森田トライアル研究センター長から説明の後,4グループに分かれて各学科設備・装置見学及び研究事例紹介を行いました。見学後は石川高専の設備・装置の活用例として,各学科の共同研究等の事例紹介を行いました。本見学交流会をきっかけとして,会員企業の技術者等と本校教員の更なる交流が深まること,研究教育設備・装置を活用した共同研究等がさらに活性化することが期待されます。
 また,新たに設けた「創造工房」の部屋において,学生が様々なコンテスト等に参加し優秀な賞を受賞した作品等の展示及び作品の動画を上映し,本校の学生活動を紹介しました。
 その後は場所を学生寮食堂へ移し,西澤地域・国際連携担当副校長の司会進行で懇談会を開催しました。懇談会では,技術振興交流会澁谷会長の挨拶に続き,紀理事の乾杯で和やかに懇談しました。参加者からのスピーチの後,高島副校長の挨拶で閉会となりました。

kinoriji.jpg  setubikikinokengaku.jpg
    紀理事基調講演       設備・機器を見学する参加者   

 gakuseikatudouhoukoku.jpg shibuyakouryugaikaicho.jpg
 学生の活動紹介を見学する参加者   澁谷技術振興交流会会長挨拶(懇談会)