本文へジャンプ

平成27年度初顔合わせ会

 4月1日(水)12時から本校学生寮食堂において,全教職員が出席して「平成27年度初顔合わせ会」が行われました。今年度は5名の教員と10名の事務系職員を新たに迎えました。村本校長から歓迎の挨拶が述べられ,続いて15名の新任教職員から挨拶が述べられました。村本校長の挨拶の概要は,以下のとおりです。

 新年度が始まり,新しい方々を迎えました。本日は,教職員が一堂に会するよい機会でもありますので,一言ご挨拶を申し上げます。
 本年は本校の創立50周年を迎えます。昨年末からこの記念事業の募金をお願いするために,県内の主な企業へ訪問しております。訪問先の社長様や人事担当の方から,本校卒業生は「大学卒業生よりも活躍している」「会社の中枢となっている」「海外担当のリーダーになっている」と述べられ,「今後も高度な専門知識とともに優れた実践力を有する石川高専の卒業生を是非共採用したい」と快く寄付していただきました。
 高専の使命は卒業後に産業界で活躍できる人材の育成であり,このことからも高専制度は成功しているといえます。今後もこの制度を維持しつつ,時代の変化に対応した発展も必要と考えております。特にグローバル化の時代に通用する人材が求められております。
 本校は,学生数は約千名,教職員数は約120名であり,教育理念や目標が全体に浸透しやすい規模と言えます。「人が習慣を作り,習慣が人を作る」(ドライデン),「やってみせ,言って聞かせて,させてみて,褒めてやらねば,人は動かじ」(山本五十六)という言葉があります。全ての教職員が学生の垂範となって,日本の将来を担う技術者の育成に邁進していきたいと考えています。

150401_hatukao3.JPG  150401_hatukao4.JPG

150401_hatukao1.JPG  150401_hatukao2.JPG