本文へジャンプ

第50回北陸地区高専体育大会壮行会

 記念すべき第50回を数えた北陸地区高専体育大会の壮行会が、学生会主導で7月8日(水)に開催されました。当日はあいにくの雨でしたが、男子14競技、女子10競技種目に出場する各クラブの選手代表の学生が、週末となる11日(土)12日(日)に開催される大会にかける意気込みを、みな力強く在校学生の前で宣言しました。

 北陸三県にある4つの高専5キャンパスによる男女総合対抗形式で実施されてきたこの大会も半世紀の年月を重ねることとなり、今年度の主管校は本校が担当し、すべての競技種目は石川県内で開催されます。昨年の第49回大会まで、男女総合9連覇を達成した今年度は、大会史上初の10連覇を目指して熱戦を繰り広げることになります。

 学校長からは「高専体育大会が50回も重ねられたのは、選手諸君だけでなく、関係者の熱意と努力に支えられてきたから」「全ての方々に感謝と敬意を持って、主管校として他高専の選手を温かく迎え、例年にも増して、正々堂々と全力でプレーし、見ている人達に爽やかな感動を与えられるよう願っております」との熱いメッセージが読み上げられました。

 最後に、選手代表として野球部5年松島君による選手宣誓が行われて、前人未到の10連覇へ向けた力強い言葉で、壮行会が終了しました。

壮行会①.JPG   壮行会②.JPG

壮行会③.JPG   壮行会④.JPG