本文へジャンプ

第50回北陸地区高等専門学校体育大会 ついに男女総合10連覇達成!

 6月27日(土)のラグビーフットボール競技を皮切りに、7月4日(土)に実施された陸上競技の2種目を前大会として、今回の北陸地区高専体育大会は数えて第50回という記念すべき大会でした。今年度は石川高専が主管校となり、7月11日(土)12日(日)を中心会期として石川県内各会場で開催されました。
 前大会の気温は肌寒いくらいの天候でしたが、本大会両日は一転、猛暑となり暑さとの闘いでもありました。
 昨年まで男女総合9連覇を更新中であった本校は、北陸地区体育大会の新記録となる男女総合10連覇で、無事に大会の幕を閉じることができました。

 優勝種目は、男子団体競技でバレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、野球、サッカー、バドミントンの6種目。女子競技ではソフトテニスの1種目で、男子総合優勝と女子総合3位となり、獲得点数68点で男女総合優勝を成し遂げました。男子個人競技においても、男子テニス単、男女ソフトテニス単複、男子卓球単複、男子バドミントン単複、その他陸上・水泳競技の複数種目で優勝しています。

 ただ、男女総合2位であった福井高専との得点差が9点であり、来年度以降は決して安穏としていられない状況です。来年度も学生諸君の頑張りに期待し、連覇記録を11回、12回と更なる記録更新を目指してほしいと思います。
当日は各会場へ足をお運びいただいた大勢の保護者の方々やOB・OGの皆様に、厚く感謝申し上げます。今後とも変わらぬご声援をお願いいたします。

 引き続き実施された東海北陸地区代表決定戦において、男子バレーボールは残念ながら東海代表の鈴鹿高専に1―2のセットカウントで敗れ全国大会への出場はなりませんでしたが、北陸地区大会では2位だった男子テニス団体と男子ハンドボールは、共に鈴鹿高専を破り、全国大会への切符を勝ち得ることができました

 今年度の全国高専体育大会は「九州沖縄地区」での開催となり、本校の参加競技種目は以下の通りです。

 陸上(福岡市)・バスケットボール(鹿児島市)・テニス(熊本市)・ソフトテニス(都城市)・卓球(那覇市)・サッカー(大分市)・バドミントン(佐世保市)・ハンドボール(八代市)・水泳(鹿児島市)

 全国大会でも日頃の練習成果を存分に発揮し、健闘を祈りたいと思います。

『頑張れ、石川高専生!』

  *詳細は,第50回北陸地区高等専門学校体育大会のHPをご覧ください。

  *第50回全国高等専門学校体育大会のHPはこちら

①CIMG1417.JPG  ②P1020277.JPG

③DSC_4834.jpg  ④DSCF7102.JPG

⑤CIMG1465.JPG  ⑥IMG_2966.JPG