本文へジャンプ

第50回高専体育大会の報告会及び表彰式が行われました

 長かった夏休みが終わり,前期授業が再開された9月7日(月),平成27年度高専体育大会の報告会と全国大会成績優秀者に対する表彰式が,全校の学生を集め,本校第2体育館で行われました。
 最初に7月に行われた北陸地区大会と東海地区との代表決定戦の結果が各クラブ代表から報告されました。選手を代表して卓球部の三津君から村本校長へ,北陸地区大会での新記録となった男女総合10連覇達成の喜びと共に,新調された真新しい総合優勝旗が手渡されました。

 次に,今年度の全国高専体育大会(九州・沖縄地区開催)に参加した団体5競技(テニス,バドミントン,バスケットボール,サッカー,ハンドボール)と個人6競技(陸上,テニス,ソフトテニス,バドミントン,卓球,水泳)の中から,3位以内の成績をおさめた2競技団体(テニス,バドミントン)と個人競技5種目(テニス男子シングルス,ソフトテニス女子シングルス&ダブルス,バドミントン男子ダブルス,卓球男子ダブルス)に,村本校長より学校表彰の賞状が授与されました。

 最後に,卓球部主将の延命君から「このような会を開催していただき感謝いたします。5年生はこれで最後となりますが,4年生以下の皆さんは来年に向けて更に上位の成績を目標に頑張ってください」という感謝の気持ちと後輩たちへの熱いメッセージに,会場からの盛大な拍手が送られ,報告会と表彰式を終えることができました。

houkokukai1.JPG houkokukai2.JPG houkokukai3.JPG

【村本校長の挨拶】
 第50回北陸地区高専体育大会では,本校は主管校として,学校をあげて他高専の選手を温かく迎え,スムーズな大会運営ができましたことにお礼を述べます。
 競技では出場した本校の全ての選手は日頃の練習の成果を十分に発揮し,例年にも増して,溌剌としたプレーを見せてくれました。良い成績をあげたチーム,惜しくも敗れたチーム,いずれの選手諸君も,本校の総合得点に貢献し,北陸地区高専体育大会の50年の歴史の中で,初めてとなる総合10連覇を達成し,この新調された優勝旗が本校に戻ってきました。これからまた1年間,校長室に飾っておきます。ありがとうございます。
 次に,九州・沖縄地区で開催された第50回全国高専体育大会では,本校から地区予選を勝ち抜いた9競技の選手が参加しました。そして,全国の強豪校と対戦し,他高専の選手達との友情を深めると共に,それぞれに健闘したと聞いております。上位入賞を果たした選手の皆さんおめでとう。日頃からたゆまぬ努力があったものと敬意を表します。
 さて,今年は本校の創立50周年を迎えました。先日,本校創設期の卒業生で,企業の社長や役員などとして活躍されている方々にお会いする機会がありました。(※)いずれの方も本校で過ごした5年間が,その後の人生に大きな影響をもたらしたと誇らしく語っておられました。そのときに,私はアメリカ・スタンフォード大学の教育理念の一つの " Not for four years, but for forty years. " を思い出しました。「スタンフォード大学は,学生の4年間のためにだけに存在しているのではなく,学生が卒業した後の40年以上の人生のために存在している」という意味になります。本校に当てはめると,「学業や様々な活動を行って過ごす学生時代の期間はわずか5年間ですが,卒業後の一生涯に繋がる貴重な期間である」ということになると思います。
 今日から夏休み後の授業が再開され,キャンパスに活気が戻りました。今年の夏は猛暑でしたが,これからの実りの秋は,何に打ち込むにも最も良い季節です。学生諸君はそれぞれの目標を定め,日々の学業のみならず,部活動等にも積極的に参加し,「夢に向かって」チャレンジしていくことを期待します。

全国高専体育大会の表彰者

【第2位】
団体
・テニス男子
・バトミントン男子
個人
・ソフトテニス女子ダブルス(3I山元・4C北尾)
・テニス男子シングルス(3C中出)
・バトミントン男子ダブルス(3I荒井・3C中村)
【第3位】
個人
・ソフト女子テニスシングルス(1C法花堂)
・卓球男子ダブルス(5E延命・5E三津)

各競技スコアなど詳細は下記大会HPにて
http://www.okinawa-ct.ac.jp/detail.jsp?id=55721&menuid=11944&funcid=1


※ 8月6日開催 石川高専技術振興交流会総会,交流懇談会
  http://www.ishikawa-nct.ac.jp/blg/blg/20150904-1130.html