本文へジャンプ

全国高専体育大会でソフトテニスが男女とも入賞!

 8月18日(木)と19日(金)の両日、三重県四日市市の「四日市ドーム」で開催された第51回全国高専体育大会ソフトテニス競技で石川高専の選手が出場3種目すべてに入賞しました。

 大会では、地区予選を勝ち抜いてきた選手が男子団体戦、男子個人戦ダブルス、女子個人戦ダブルス、女子個人戦シングルスの4種目で日頃の練習の成果を発揮し合いました。石川高専の選手は男子団体戦をのぞく3種目に出場し、2日間にわたって行われた女子個人戦ダブルスでは、4I山元(ヤマモト)さんと2C法花堂(ホッケドウ)さんのペアが準優勝しました。18日に行われた女子個人戦シングルスでは2C法花堂さんが3位に入りました。山元さんは個人戦ダブルスで3年連続入賞。法花堂さんは個人戦シングルスで2年連続の入賞となり、本大会では2種目でメダルを獲得しました。

 19日の男子個人戦ダブルスでは2C圓明(エンメイ)さんと5E古田(フルタ)さんのペアが3位となり、石川高専男子では初の入賞を果たしました。

全国高専山元・法花堂.JPG  全国高専古田・圓明準決勝.JPG
  山元・法花堂組        手前サイドが古田・明組

160818_ソフトテニス表彰式.png
表彰式を終えて