本文へジャンプ

留学生と児童の交流会 in 刈安小学校

9月30日(金)に留学生7名が津幡町立刈安小学校を訪問し、児童と文化交流を行ってきました。留学生が母国を地元小学生に紹介したいと企画したイベントで、今年で2年目となります。児童と先生の大歓迎を受けて、今年も交流会が始まりました。
交流内容は、
・留学生の自己紹介(マレーシア,カンボジア,モンゴル)
・小学生の自己紹介
・マレーシアの歌と踊りを披露
・カンボジアの伝統的な鬼ごっこでの遊び
・日本のけん玉での遊び
・振り返り会
と盛りだくさん!の内容で、あっという間の2時間でした。児童は留学生の国に興味津々で、「食べ物や伝統的な服装、習慣」について質問が数多く飛び出しました。たとえば、カンボジアではお正月に子どもたちが親にお金をプレゼントするという「お年玉」と逆のことが行われているようで、それを聞いた児童たちからは歓声とため息が上がっていました。日本とは違う文化を紹介できて留学生も嬉しそうでした。
留学生から児童へのサプライズのプレゼントもあり、終始笑顔でこのイベントを終えることができました。

図1留学生の国の紹介.jpg    図2カンボジアの伝統的な鬼ごっこ.jpg
   留学生の国の紹介       カンボジアの伝統的な鬼ごっこ

図3けん玉遊び.jpg    図4集合写真.jpg
けん玉遊び            集合写真