本文へジャンプ

第23回技術振興交流会見学交流会を開催

 6月29日(金)に、金沢市環境局戸室新保埋立場 次期廃棄物埋立場において、第23回技術振興交流会見学交流会が、会員企業等32名、本校教職員14名、計46名の参加で実施されました。
 金沢市環境局埋立場建設事務所 松本担当所長補佐から、関連施設を含む戸室新保埋立場の事業概要等について説明を受けた後、前田・東洋・金剛・日豊特定建設工事共同企業体 金沢処分場作業所 長舩所長の案内で、次期廃棄物埋立場の工事を見学しました。現地では、安全作業の確保、労働時間の短縮等のために人工衛星や各種センサーを利用したICT搭載重機が活躍する様子を見ることができました。
 その後、本校環境都市工学科 津田准教授から「のと里山海道における橋梁の補修・補強に関する設計および施工」と題する研究紹介が行われました。
 見学会終了後、金沢駅前のホテルに会場を移して懇談会を開催し、参加者間の交流を深めました。

         DSC_0036トリミング.jpg  DSC_0040トリミング.jpg
            次期廃棄物埋立場埋立地整備      環境都市工学科 津田准教授
            工事現場               による研究発表

DSC_0023トリミング.jpg

金沢市戸室リサイクルプラザ前にて