本文へジャンプ

就職・進学

就職・進学支援について

企業見学

1年生から様々な企業を訪問し,会社見学を行います。自分の学んでいることが社会でどんな風に活かされているのか,自分はどんな事ができるのかを知ることができます。

卒業生との懇談

社会で活躍している卒業生が本校に訪れ,学生に仕事内容を紹介する講演会や懇談会があります。在校生は卒業生の活躍を直接本人から聞くことができます。

インターンシップ

4年次に夏季休業を利用して,約1週間の企業実習(インターンシップ)を行います。受入企業には本校の卒業生も多く,活躍ぶりを間近で見ることができます。この経験を通して「働く」ことを学びます。

夏季学外実習に参加して(インターンシップ)
環境都市工学科5年 法花堂 佳代(宝達志水町立押水中出身)※現在:宝達中

 私は、土木構造物の施工に興味があり、北陸新幹線の加賀トンネルの施工を行っている総合建設会社のインターンシップに参加しました。敦賀方面と金沢方面の二方向にトンネルの切り出しを行っており、その切り出しの部分を間近で見学させてもらいました。また、国道8号線の地下をトンネルの掘削作業を行っているため、道路が沈んだりしてないかの確認の測量やトンネル内の内径が変動していないかを確認するための測量を実際にさせてもらいました。学校の授業で行っていたことが、どのようにして現場での仕事につながっているのかを知ることができるとても良い機会でした。
 自分が今できることや、将来したいことなどを考えるのにインターンシップはとても良い経験になります。皆さんもぜひ参加してみてください。

ページの先頭へ戻る