本文へジャンプ
学校案内

特色 ~高専で学ぶということ

国立高等専門学校は優秀な技術者を早期に養成するための高等教育機関

高専制度は,我が国経済の高度成長を背景に,工業発展を支える技術者の養成を目指し,大学・短期大学と並ぶ高等教育機関として昭和37年に発足,同時に全国に12校が設置されました。

その後,同38年,39年とそれぞれ12校ずつが設置され,石川高専は翌40年4月に第1回の入学生を迎えました。

現在,全国の51国立高等専門学校は,平成16年度から独立行政法人国立高等専門学校機構として国(文部科学省)から独立し, 自立した組織となっています。

工学のエキスパートを育てる石川高専

図:国立高等専門学校制度
国立高等専門学校制度
(図をクリックすると拡大します)

昭和40年に設置された本校には,機械工学科,電気工学科,電子情報工学科,環境都市工学科及び建築学科の計5学科があり,中学卒業という若い世代で入学する学生に対し,5年間一貫した専門教育を行っています。

理論的な基礎の上に立っての実験・実習・実技を重視した実践的技術教育と少人数クラス編成によるきめ細やかな教育指導により,創造性や積極性等を備え,国際社会に柔軟に対応できる人材の育成を目指しています。

平成12年度に設置した専攻科では,本科で培った基礎学力を基に,より深い専門性と複数の専門領域にまたがる複眼的視野を持つこと,創造性に富み実践的研究開発能力を持つことを目標に掲げた教育を実践しています。

専攻科修了時には,独立行政法人大学評価・学位授与機構の審査を経て,学士(工学)の学位が授与されます。

魅力ある教育課程・指導体制

図:くさび形教育
くさび形教育
(図をクリックすると拡大します)

本校の教育課程の特色としてまず挙げられるのが,一般教育と専門教育を有機的に組み合わせた「くさび型」の一貫教育です。これは,技術者に欠かせない一般教養を学ぶと同時に,1年生からじっくりと専門科目を学べるシステムです。

また,実験・実習を重視した授業も大きな特徴です。専門科目の時間数の1/6を実験・実習・製図などに当て,卒業後,実社会で技術者として活躍していくために必要となる専門性の高い実践的能力を身につけます。

さらに,少人数教育も魅力です。本校では,それぞれの分野において優れた才能を持つ教員を揃えており,そのほとんどが修士や博士などの高い学位を有しています。12万平方メートルを超える広々としたキャンパスで恵まれた施設・設備を活用しながら,ときにはマンツーマンによる指導を行います。

充実した高専生活

高専は言うまでもなく勉学をする場ですが,スポーツや文化活動によって,心身を鍛えたり,人との交わりを深めたりすることも大切にしています。

石川高専で過ごす5年間あるいは7年間は,一生のうちで身体的にも精神的にも,大きく成長する時期です。身体の鍛錬,文化的素養の習得,一生を通して付き合うことのできる友人を見つけること,心豊かな人間形成を遂げることは,大人・社会人となっていくために,とても大切なことです。

ロボコンを始めとする各種の全国大会,また学校行事では紀友祭や球技大会など,本校には,高専ならではのイベントや活動の場がたくさんあります。

本校のクラス編成は,学科単位となっていますので,5年間同じ級友たちと過ごすことになり,非常に打ち解けた関係を作ることができます。また,寮生活を通じての共同生活も他では得ることのできない貴重な経験です。

ページの先頭へ戻る