#石川高専

News & Topics

2019 年度 REHSE「高校生による環境安全とリスクに関する自主研究活動支援事業」で最優秀賞を受賞

環境都市工学科1~2年生からなる6名の本校学生チームは,研究テーマ「河北潟干拓地のバイオマス賦存量」で,2019 年度 REHSE「高校生による環境安全とリスクに関する自主研究活動支援事業」で最優秀賞を受賞しました。

3月に東京大学で予定されていた発表会が,コロナ禍により中止となり,審査員らが活動報告書等を基に評価し,このたび受賞が決定しました。

本校としての参加は5年目に当たり,スーパーサイエンススクール(SSH)に指定された高校のチームと競い合い,これまではなかなか受賞できませんでしたが,学生の意欲的な研究活動により2018年度は優秀賞,2019年度は最優秀賞の受賞となりました。