環境都市工学科

​環境に優しく、安全、快適な暮らしを支える技術

​私たちが環境と調和しながら豊かに暮らすために必要な、上下水道、発電、道路、鉄道、空港、港湾などの街のあらゆる施設の建設、維持管理を行っていくために環境都市工学の技術が使われています。環境都市工学科では、暮らしと自然を守る都市づくりに熱意を持つ学生を求めています。道路・橋・トンネルなどの構造物、河川の治水・利水、都市計画・整備、環境問題など、私たちの生活に密接に関係している社会基盤について学び、自然環境との調和を図りながら、私たちの快適な生活を支える技術を習得します。

カリキュラム​

環境に関する知識

すばらしい地球の環境に関する基礎知識とその仕組みを理解し、私たちの環境を観測して守っていくための環境工学、衛生工学、環境保全工学などを学びます。

現象を予測する知識​

川や海の水の流れ、地盤の動きや空気の流れなどの複雑な自然現象を理解し、予測するための知識を学び、地震や洪水から私たちの生活を守るための技術を習得します。

建設や維持管理に関する知識

私たちの豊かな暮らしを支えるいろいろな建物、交通施設、電気、ガス、上下水道などの都市施設を建設してそれらを管理するための測量学、材料学、構造力学、CAD などの知識を学びます。

活用するためのスキル

コンピュータやソフトウェアを活用して、情報の整理と発信、世界の人々と交流することができる優れたエンジニアになるためのスキルを身につけます。

​授業ウォッチング

​特色

在学中に受験できる主な資格​

公害防止管理者、技術士補、土木施工管理技術者(学科のみ)、土木学会認定土木技術者検定試験(2級)

卒業後に受験・取得できる主な資格

測量士補、測量士※、土木施工管理技術者(1級、2級)※、ダム水路主任技術者※
※は実務経験が必要

​卒業後の進路

主な就職先

国土交通省、石川県庁、金沢市役所、小矢部市役所、加賀市役所、白山市役所、能美市役所、JR東海、JR西日本、北陸電力、中部電力、関西電力、NEXCO中日本、東京水道サービス、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、NTTインフラネット、NTTデータ北陸、中日本ハイウエイ・エンジニアリング名古屋、中日本ハイウェイ・メンテナンス北陸、オリエンタル白石、IHIインフラシステム、豊蔵組、北川ヒューテック、大成建設、清水建設、NIPPO、若築建設、東洋建設、東洋設計、東京コンサルタンツ、国土開発センター、日本海コンサルタント、ホクコク地水、大日本コンサルタント、オリエンタルコンサルタンツ ほか

主な進学先

石川高専専攻科、金沢大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、北海道大学、北見工業大学、筑波大学、千葉大学、横浜国立大学、岐阜大学、立命館大学 ほか

​環境都市工学に対する情熱

環境都市工学科 5年 長柄 沙莉花(かほく市立高松中出身)

​ 私は、東日本大震災を受けて原子力発電が機能していない中で、何が日本で1番の発電力となっているのか、新しい発電方法は開発されているのか、それらにおける環境問題はどうなっているのか、ということに興味を持ち環境都市工学科に入学しました。高専では、本格的な機器や高価な機械を使い、専門的技術が学べます。いろいろな現場にも見学に行くため、実際の現場での仕事の様子を見て学ぶこともできます。

土木や環境都市について興味がある人や気になることがある人は是非入学してください!

​環境都市工学科教員 小杉 優佳 助教

みなさんの家庭・社会・自然などの、生活環境を作り支える学科です。専門内容はとても幅広く、道路や橋などの土木構造物の設計や管理をはじめ、普段は目に見えない地盤や水の管理、保全について学びます。川にかかる橋はどのようにして造るのか。蛇口から出る水が安全に飲めるのはなぜか。物を形にするだけではなく、自然環境を守り共存していくための学習も必要です。本校では、専門分野の実験や実習を通して、楽しく専門知識を習得することができます。将来は自分の設計・建設したものが、街の基盤の一部となり快適な生活を支えることを想像してみてください。日々生活の中に、今まで気づかなかった新しい発見や不思議、または何か興味ある自分の好きなことが見つけられると思いますよ。​