機械工学科

機械工学は「ものづくり」のための大切な学問であり,私たちの身のまわりにある電化製品から自動車や飛行機といった輸送機器,さらには産業用ロボットや医療・福祉など,あらゆる分野を支えています。

機械工学科では,機械の動作原理や材料・構造・強さ・しくみを座学・実験・実習を通し,深く理解できるようカリキュラムが設定されています。さらに,修得した知識や技術を活用して,独創的なアイディアを発想し,設計・製作・評価までを自ら行うことのできる技術者を育てています。​

学習目標

材料,エネルギー,計測制御,生産加工などの知識と技術を習得し,広い分野における「ものづくり」に応用することができる。

主な実験・実習室

流体工学,材料力学,材料学,機械工作,熱工学,制御工学,ロボット工学,応用物理の各実験室,機械実習工場

カリキュラム

専任教員

氏 名

職 名

学 位

研究テーマ

リンク

義岡 秀晃

教授

博士(工学)

複雑系のミクロ凝固に関する研究

研究紹介

石田 博明

教授

博士(理学)

計算物理学による物性解析

研究紹介

堀 純也

教授

博士(工学)

自動化機器およびメカニズムの設計

研究紹介

長谷川 雅人

准教授

博士(工学)

感温性粒子を含む熱流体に関する研究

研究紹介

藤岡 潤

准教授

博士(工学)

ロボットの精度向上に関する研究

研究紹介

穴田 賢二

講師

博士(工学)

外傷発生メカニズムに基づいた防護用品の開発

研究紹介

倉部 洋平

講師

博士(工学)

繊維強化熱可塑性樹脂の摩擦攪拌接合法の開発

研究紹介

寺本 裕志

助教

博士(工学)

複数円形及び非円形噴流の流れ構造に関する研究

研究紹介