Publication 2019

2019

Journal

Yasunori Kawai, Yukimi Miyamoto, and Hiroyuki Kawai
RISE-based Anti-Windup Control of Human Lower Limb using Electrical Stimulation,”
International Journal of Electronics and Electrical Engineering, Vol. 7, No. 3, pp. 38-42, September 2019.
(Proc. of 2019 The 11th International Conference on Future Computer and Communication(ICFCC), Yangon, Myanmar, 2019.2.28, 2019.)

International Conference

Yasunori Kawai, Koshiro Shibano, Hiroyuki Kawai, Takanori Miyoshi, and Masayuki Fujita,
Bilateral Tele-Rehabilitation System using Electrical Stimulation applying Modulated Time-Domain Passivity Control,”
IFAC PapersOnLine (8th IFAC Symposium on Mechatronic Systems MECHATRONICS 2019), Vol. 52, No. 15, pp. 79-84, 2019.
(Proc. Joint Conference 8th IFAC Symposium on Mechatronic Systems (MECHATRONICS 2019), and 11th IFAC Symposium on Nonlinear Control Systems (NOLCOS 2019), pp. 348-353, 2019.9.4, Vienna, Austria.)
Yasunori Kawai, Taiga Takagi, and Takanori Miyoshi,
Written Communication System Based on Multilateral Teleoperation Using Time-Domain Passivity Control,”
Proc. 2019 2nd International Conference on Communication Engineering and Technology, pp. 39-42, 2019.4.13, Nagoya, Japan.
Yasunori Kawai, Kenya Honda, and Makoto Koshino,
Bilateral Tele-Rehabilitation System with Electrical Stimulation through Cloud Server
Proc. 2019 IEEE International Conference on Consumer Electronics – Taiwan (ICCE-TW), pp. 1-2, 2019.5.22, YILAN, Taiwan.
Yasunori Kawai, Koudai Houga, Hiroyuki Kawai, and Takanori Miyoshi
Bilateral Tele-Rehabilitation System with Electrical Stimulation by Using Cloud Service,”
Proc. 2020 the 10th International Workshop on Computer Science and Engineering (WCSE 2020), pp. 103-107, 2020.2.27, Yangon, Myanmar.
(Proc. of 2020 the 12th International Conference on Future Computer and Communication (ICFCC 2020))
Kenshin Fujie, Yasunori Kawai
Improving Performance of Written Communication System based on
Multilateral Teleoperation using Time Domain Passivity Control
,”
Proc. 2019 IEEE 11 th International Conference on Engineering Education, pp. SP-09, 2019.11.7, Kanazawa, Japan.

Domestic Conference   

保賀航大, 河合康典,
電気刺激によるバイラテラル遠隔リハビリテーションシステムの高速化,”
2019 年度電気情報関係学会北陸支部連合大会 講演論文集, pp. H-12, 津幡町,2019.8.31.
中出遼彦, 河合康典,
電気刺激を用いたリハビリテーションの疲労度の推定,”
2019 年度電気情報関係学会北陸支部連合大会 講演論文集, pp. H-6, 津幡町,2019.8.31.
新田圭佑, 久島康嘉, 河合宏之, 村尾俊幸, 河合康典, 岸谷都,
機能的電気刺激とRISE制御による手指屈曲システムの構築,”
令和2年電気学会全国大会 講演会論文集, pp. 175, 東京, Mar. 11, 2020.
堀木大地, 久島康嘉, 河合宏之, 村尾俊幸, 河合康典, 岸谷都,
自動変速機を有するFES下肢交互屈伸トライクシステムの構築,”
計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2019 講演論文集, pp. 304-307, 千葉, Nov. 23, 2019.
荒木雄大郎,久島康嘉,河合宏之,村尾俊幸,河合康典,岸谷都,
車速を考慮した機能的電気刺激による下肢のペダリング制御に関する研究,”
第62回自動制御連合講演会 講演論文集, pp. 1C3-05, 札幌, Nov. 9, 2019.
藤江謙伸, 河合康典,
時間領域受動性制御を用いた筆談システムの実験による検証,”
令和元年度学生による研究発表会 講演論文集, pp. 2-2-1, 津幡町, 2020.3.8.
宮田湧気, 河合康典,
入力飽和を考慮した電気刺激による遠隔リハビリテーションの実験による検証,”
令和元年度学生による研究発表会 講演論文集, pp. 2-2-2, 津幡町, 2020.3.8.

Thesis   

【専攻科】保賀航大
電気刺激による遠隔リハビリテーションの通信システムの改善に関する研究
【専攻科】(副指導教員)
越野宗一郎
インバータを用いたACサーボモータのパラメータ計測に関する研究
【専攻科】(副指導教員)
山田啓介
ハイブリッド型ステッピングモータの位置センサレス制御に関する研究
【専攻科】(指導補助教員)
米村健志
遠隔制御により力覚情報を伝達可能なマウスシステムの開発
藤江 謙伸
時間領域受動性制御を用いた筆談システムに関する研究
丸尾 侑司
クラウドを用いたペン装置による遠隔操作アプリケーションの開発
美山 宗樹
腓腹筋を用いた電気刺激によるペダリングの制御に関する研究
宮田 湧気
入力飽和を考慮した遠隔リハビリテーションの制御
小鹿山 樹
バイラテラルリハビリテーションシステムの絶対安定性に関する研究
大嶋碧月
変調時間領域受動性制御を用いた遠隔リハビリテーションに関する研究

   Committee Service   

計測自動制御学会北陸支部 委員(運営委員)
2019年度電気情報関係学会北陸支部連合大会 委員
令和元年度北陸地区学生による研究発表会 委員
ICFCC(2020 The 12th International Conference on Future Computer and Communication) 2020 (TPC)

   Awards   

科学研究費補助金 基盤研究(C) 2018年度-2020年度【代表】
筋肉疲労に対して安全な電気刺激による遠隔リハビリテーションシステムの開発
科学研究費補助金 基盤研究(B)(一般) 2018年度-2020年度【分担】
人とロボット群の協調を実現する相互学習型分散協調システムの構築
科学研究費補助金 基盤研究(A)(一般)(A) 2018年度-2021年度【分担】
テレコピーロボットにおける群挙動の安定化制御と世界規模の実証実験
タイトルとURLをコピーしました